HOME>注目記事>財布は修理すれば長く愛用できる!ネットで専門業者を探す方法

財布修理は専門業者に依頼

1日に1度は使う財布。使う頻度が高いほど皮の擦れや色褪せ、金具部分の故障などといった不具合も出てきます。

修理と修繕は異なる?それぞれの特徴を比較

修理とは?

財布のファスナーなどの金具部分が壊れたので直したい。直さないと財布としての機能を果たせない、というときは修理です。

修繕とは?

財布としての機能は果たせるけれど皮の擦れや色褪せといった見栄えを良くするのが修繕です。

財布以外のアイテムも修理依頼できる

財布以外の身近な皮製品といえばバッグや靴の他に、アクセサリーやキーホルダーなどの小物もあります。修理しながら長く使うことで愛着も湧いてきます。

修理依頼の多い革製品5選

財布

財布

ほとんどの人が1日に1度は使う使用頻度の高いアイテムです。

バッグ

ファッションアイテムとして使用するバッグ。いつも綺麗にしておくとおしゃれ度もアップします。

通勤通学カバン

重い書類や本などが入り使用頻度も高いので擦り切れてしまうことがあります。

ベルト

よく使う穴が広がってしまったり切れてしまったりすることがあります。

アクセサリー

皮を使ったアクセサリーの紐が切れてしまったという時も修理ができます。

財布は修理すれば長く愛用できる!ネットで専門業者を探す方法

財布

専門業者が行なっている財布の修理方法

修理といっても症状は様々ですがファスナーの引き手が取れてしまった、ファスナーのエレメント横のテープ部分が破れてしまった、などの原因により修理方法は異なります。

財布

修理業者への依頼方法

事前に修理したい箇所の写真を送り、費用や修理期間の見積もりを問い合わせた後に郵送する方法が主流です。

財布とお金

修理費用の目安

業者や修理の内容によって費用も変わりますが財布のファスナー全体の取り替え修理で5,000円から15,000円ほど、ファスナーの引き手部分の交換で3,500円から4,500円ほどが目安です。

財布とお金

修理に必要な期間

業者や故障箇所により違いがありますがファスナー全体で約1ヶ月、ファスナー引き手部分の交換で約2〜3週間ほどです。

修理を依頼する時は早めに依頼しよう!

年度末や年末などは修理業者は繁忙期に入ります。日にちに余裕を持って依頼しましょう。